病院・医院名
医療法人よしだ小児科
診療科目
小児科
診療予約
あり/詳しくは『ご予約について』をご覧ください。
所在地
〒790-0844
愛媛県松山市道後一万3-13
病院・医院地図 ≫
駐車場:20台
電話・FAX
電話:089-927-1123
自動予約番号:089-927-2340
FAX:089-946-5751
連絡方法
お電話にてお問い合わせください。
その他
乳児健診(火曜午後2:00~4:00)
予防接種(木曜2:00~3:00、金曜2:00~4:00)
スマートフォンサイトはこちら

乳児健診・予防接種

乳幼児健診

乳児健診

火曜日2:00~4:00

完全予約制です。※ご予約につきましてはこちらをご覧ください。

前期(生後3~4か月)、後期(生後9~10か月)が対象となります。
母子手帳、乳児一般健康診査票、予防接種手帳をご用意ください。
ワクチンが一緒にできることがあります。前期は4か月、後期は10か月に入った頃がいいと思います。

それ以外の健診(6〜7ヶ月健診、1才健診など)は有料となります。

毎週火曜日(5週は休み)は育児相談・栄養相談を並行して行っています。ご利用ください。

1歳半健診

一般診察の時間帯に行っています。いつでも結構ですが、予約はお願いします。
四種混合ワクチン1期の追加の時期に当たりますので、母子手帳、1歳半健康診査票の他予防接種手帳もお持ちください。

栄養相談・育児相談

毎週火曜日(第5週は休み)2:00~4:00

ご予約は不要です。

毎週火曜日の午後2時から4時ころまで、菊池栄養士(元明治乳業)がこられ、

  • 授乳について
  • 離乳食の上げ方、こつなど
  • 食事制限の仕方
  • 育児一般について

など 何でも構いませんので、お気軽にご利用ください。
予約は要りません、乳健のあとに相談することもできます。
乳健なしで、栄養相談だけもできます。

栄養相談・育児相談

予防接種

予防接種の時間

木曜日2:00~3:00
金曜日2:00~4:00

インフルエンザワクチンは、期間限定ですので、詳しくは受け付けに問い合わせてください。
また、家庭の都合にてこれ以外の時間帯をご希望の場合もお気軽にお問い合わせください。

接種可能なワクチン

公費で接種できるものは、BCG、ポリオ、麻疹風疹混合ワクチン、三(四)種混合ワクチン (ジフテリア、百日咳、破傷風:ポリオ)、二種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)、 日本脳炎、ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がんワクチン、B型肝炎ワクチンですが、 それぞれ接種可能年齢が決められていますので、それ以外の年齢に接種を希望する場合は、 自費になります。

ワクチンの接種時期(公費接種可能なワクチン)

BCG12ヶ月未満(5ヶ月から8ヶ月が推奨期間)
B型肝炎ワクチン・母子感染防止の対象者(B型肝炎抗原陽性の母親から生まれたお子さん):生後12時間以内、1ヶ月、6ヶ月:これは定期接種ではありませんが、公費で受けられます。
・それ以外の人:生後2ヶ月、3ヶ月、7〜8ヶ月:こちらは定期接種です。
四種混合ワクチン
(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
生後3ヶ月から90ヶ月未満まで
1期:3~8週間隔で3回接種、3回目から12~18ヶ月空けて追加
2期:DTとして11~13才未満(推奨は小学6年生)で1回
麻疹風疹混合ワクチン (MRワクチン)1期:12ヶ月から24ヶ月未満
2期:就学前の1年間(年長さんにあたります)
水痘12ヶ月から36ヶ月、3ヶ月以上の間隔で2回接種
日本脳炎通常3歳から、1~4週の間隔をあけて2回接種をおこない、その後1年を置いて追加接種をおこないますが、生後半年から接種は可能です。
2期は9才以降に行います。
ヒブワクチン生後2ヶ月から5才未満
1期:生後2ヶ月から1ヶ月間隔で3回
追加:12~15ヶ月
肺炎球菌ワクチン生後2ヶ月から5才未満
1期:生後2ヶ月から1ヶ月間隔で3回
追加:12~15ヶ月
子宮頸がんワクチン小6~高校1年(積極的勧奨は今もされてません。)

ワクチンの接種時期(任意接種)

ムンプス(おたふくかぜ)1期:生後12ヶ月〜16ヶ月、
2期:3〜7才
ロタウィルスロタリックス:生後6週から1ヶ月あけて24週までに2回
ロタテック:生後6週から1ヶ月あけて32週までに3回

※ 予防接種についての詳細は以下を参照してください。
日本小児科学会:http://www.jpeds.or.jp/saisin/saisin_110427.pdf
VPD:http://www.know-vpd.jp/index.php

B型肝炎ワクチン

B型肝炎ウイルス(HBV)による肝炎の予防です。乳幼児(特に3才くらいまで)が感染するとキャリア化(体内にウイルスを持つ状態)しやすく、将来、慢性肝炎・肝硬変などになることがあります。ワクチンによってキャリアのママからの母子感染は激減。現在は性交渉や家族・集団保育での感染が問題となってますが、普通の生活で水平感染することはほとんどありませんので、あまり過敏になる必要はないようです。

HBVの感染には、一過性感染と持続感染があり、多くの急性感染は3ヶ月以内に治癒するが、0.4~1%は劇症肝炎を発症し予後がよくない。最近は、劇症化しやすいタイプのHBVが増加傾向にあります。

平成28年4月1日以降に生まれた0才児が定期接種の対象になり、1才を過ぎると、自費扱いとなります。接種開始は10月1日であり、3回接種が必要で、最短でも初回から3回目まで4ヶ月必要ですので、4〜6月頃に生まれた児は、できるだけ急いで接種を受けてください。

厚労省のQ&A:

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000137554.pdf


子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

HPVワクチンは世界112か国で使用されており,15~25歳女性を対象とした海外の 臨床試験では,子宮頸がんの高い予防効果が長期間持続することと,優れた安全 性が示されている。これに加え,(1)15~25歳に比べて10~14歳で高い免疫原 性が得られること,(2)初交経験率が中学2年生で5%,同3年生で10%にのぼる こと,(3)10歳代の子宮がん検診受診率がほぼゼロであること―などから,関 連3学会は11~14歳女性を第1接種対象(優先接種対象)に設定した。ただし接種 年齢に上限があるわけではありません.

ワクチン接種後の有害事象(慢性疼痛・運動障害:因果関係は不明)の報告のため、現在は積極的勧奨はされていませんが、現在日本では毎年新たに1万人が子宮頸がんになり、約3000人がなくなっています。多くは20〜30代です。有害事象は10万人に2名です。これらを踏まえて厚労省は今後の検討を続けています。


おたふくかぜワクチン

自費の接種となりますが、おたふくかぜワクチンは有効性も高く接種をお勧めします。
おたふくかぜは中枢神経系の合併症が問題となり、自然感染では100人に一人が髄膜炎に罹患ワクチン接種では1000~10,000人に一人です。
おたふくかぜに罹患した人の中には難聴を起こすことがあり、どんなに早く発見してもかかれば完治は困難です。難聴は0.1~0.25%に発症し、多くは片側ですが両側のこともあります。
おたふくかぜに罹患した場合難聴にならないことをただ祈るしかないのが現状です。
難聴と並び注意が必要な合併症に脳炎があり感染者の0.02~0.3%の頻度で、水頭症を引き起こすことがあり警戒が必要です。
また、男子では睾丸炎から不妊症になる可能性があります。女子には卵巣炎・乳腺炎もあります。

やっておけばよかったと思う前に、ワクチンをしておきましょう。
1才頃に1回目を接種し、5~6才で2回目の接種をすることが推奨されています。

【注意】よく子どもの時にかかっておくと軽くすむからと、わざわざおたふくかぜをおこしている子どものところに行き、おたふくかぜをもらおうとする人がいますが、決してかかっている人のところには行かないように!!
理由は上記でわかると思います。

みずぼうそう(水痘)ワクチン

予防効果は80%くらいですが、かかったとしても軽くすみます。
また、成人になったときの帯状疱疹(みずぼうそうウィルスが原因)も軽症という報告もあります。成人には、帯状疱疹のワクチンとして接種されてます。

1才頃に1回目を接種し、2才頃までに2回目を接種することが推奨されています。

ヒブワクチン

ヒブとは何?

ヒブは「インフルエンザ菌b型」という細菌で、乳幼児の細菌性髄膜炎の原因として最も頻度の多い重要な細菌です。かかった乳幼児の5%が死亡し、20%が後遺症に苦しめられます。しかし、ワクチンさえあればほぼ100%防ぐ事が出来ます。日本でもワクチン接種がおこなわれ、ヒブによる重症感染症は激減しております。

ヒブによる髄膜炎とは

ヒブがのどの奥に潜んでいて、それが血流を介して髄膜に進入し髄膜炎が起こります。生後3ヶ月頃から急速に罹った患者数が増加し、3才を過ぎると減少します。日本では年間600人がかかり、亡くなる子供たちが20〜30名、後遺症を残す子供たちは年間100名を超えると言われています。ワクチン接種開始後ヒブによる髄膜炎はみられなくなりました。

プレベナー

肺炎球菌とは

こどもの細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎、中耳炎などの主な原因菌です。WHOによると毎年全世界で約100万人の乳幼児が死亡しています。日本国内においても肺炎球菌はインフルエンザ菌type b(ヒブ)とならび小児期の重症感染症の主要な原因菌で、抗菌剤が効かない菌が増えてきていることから、ワクチンによる予防がきわめて重要です。

※ 肺炎球菌感染症:細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎などで、乳幼児と高齢者で多く見られます。特に2才未満でリスクが高いと言われています。

※ 細菌性髄膜炎:日本において毎年約1000人のこどもが、細菌性髄膜炎に罹患しています。主な原因は肺炎球菌と、インフルエンザ菌b型(ヒブ)です。細菌性髄膜炎は、肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンを接種することでその多くを予防できます。

肺炎球菌ワクチン(プレベナー)とは

約90種類ある肺炎球菌のうち重要な13を選んでワクチン化したものです。2ヶ月以上9才以下の小児に対して任意接種で行われます。但し5才未満は公費で補助されます。

授乳の支援に対する基本的考え方から抜粋

平成19年度厚生労働省発表の離乳・授乳ガイドラインからの抜粋で詳しくはリンク集を参考にしてください。

授乳の支援に当たっては、母乳や育児用ミルクといった種類にかかわらず母子の健康の維持とともに、健やかな母子・親子関係の形成を促し育児に自信を持たせることを基本とする。

母乳育児には

  1. 乳児に最適な成分組成で少ない代謝負担
  2. 感染症の発症および重症度の低下
  3. 母子関係の良好な形成
  4. 出産後の母体の回復の促進 がある。

母乳栄養児の方が人工栄養児に比べて

  • 肥満のリスクが少ない
  • 収縮期血圧、拡張期血圧ともに低い
  • 2型糖尿病の発生率が低い という報告がされている。 

おっぱい育児とは

母乳がでるでないにかかわらず、こどもを胸(おっぱい)でしっかり抱きしめ、見つめあい、語りかけ、豊かな心を持って子育てをすること。

離乳編からの抜粋

離乳については乳児の食欲、成長発達パターンあるいは地域の食文化、家庭の食習慣を考慮した無理のない離乳の進め方、離乳食の内容や量を個々に合わせて進めていくことが重要である。

従来言われていた「離乳の準備」というのはなくなっています。離乳食開始までは、母乳あるいはミルク以外は与えないようしましょう。果汁・スープは与えないようにしましょう。

開始時期

生後5~6ヶ月からが適当である。発達の目安は首が座っている、支えてやると座れる、食物の興味を示すスプーンを口に入れても押し出さないなどである。
最適な栄養源は母乳あるいは育児用ミルクであって、離乳開始前に果汁を与えてはいけない。栄養学的にも不要である。

離乳の進行

  1. 離乳の開始後ほぼ1ヶ月は離乳食は1日1回。母乳あるいはミルクはこどもの欲しいままに与える。
  2. 1ヶ月を過ぎた頃から1日2回にしていく。7,8ヶ月ころからは舌でつぶせる固さのものを与える。
  3. 生後9ヶ月ころから1日3回食にする。ハグキでつぶせる固さのものを与える。 

離乳の完了

形のあるものをかみつぶすことができ、食事の中心が食物になったことを言う。
12~18ヶ月で完了する。